カラーコーディネーター検定試験について(続き)

カラーコーディネーター検定試験は、入門編の「3級」から、実務に活かせる「2級」、上級者向けの「1級」に分かれています。出題範囲が格段に違い、難易度もUP!

■カラーコーディネーター検定試験
[出題範囲]
3級:①色の性質、②色と心理、③色を表し、伝える方法、④配色と色彩調和、⑤光から生まれる色、⑥色が見える仕組み、⑦色の測定、⑧混色と色再現、⑨色と文化。

2級:①カラーコーディネーションの意義〈色彩の情緒性と識別性/カラ-コ-ディネ-ションに求められる基本的要素/商業行為における活用と考慮事項〉
②色彩の歴史的発展と現状〈色彩科学の歴史的展開/近代デザインと色彩/民族と色彩/自然界の色彩的特徴〉
③生活者の視点からの色彩〈「色の見え」に影響を与える要因/色彩と照明/照明による色彩の演出/分光分布と色彩知覚/色彩の法的規制〉
④カラーコーディネーターの視点〈カラ-リサ-チの理論と手法/カラ-コミュニケ-ション/色の意味と配色/色彩調和/自動配色の展開手法/配色の類型と用語/カラ-コ-ディネ-ションの実例〉

1級:第1分野 「ファッション色彩」
①ファッションカラ-の定義と重要性②身体色の特徴③ファッションと色彩文化④ファッション&メ-キャップの色彩と配色⑤ファッションカラ-の品質管理⑥ファッションカラ-の調査と手法⑦流行色の意義と変遷⑧ファッションビジネスにおけるカラ-コ-ディネ-タ-の役割⑨ファッションビジネスにおける色彩計画の実際⑩化粧品メ-カ-のマ-チャンダイジングと色彩計画⑪衣服と化粧のカラ-コ-ディネ-ト⑫ファッションカラ-の色彩調和。
第2分野 「商品色彩」
①経営と色彩②経営に色彩を活かすための諸デ-タの整備③商品の色彩計画のための理論と実践④色彩の材料および技術の開発動向⑤商品・インテリアの色彩計画。
第3分野 「環境色彩」
①環境色彩とカラ-コ-ディネ-ション②カラ-コ-ディネ-ションの方法とそのプロセス③建築計画④環境計画⑤カラ-コ-ディネ-ションのための材料知識、⑥環境色彩の基礎知識。

>>いまもっとも簡単に色彩検定の資格が取れる勉強法がこちら