合格率と受験者の業種チェック

カラーコーディネーター検定試験の合格率はどうなっているのか調べてみました。

3級で60~70%の合格率は、2級で30~50%以下に。1級でそれぞれの分野で違いますが、「環境色彩」は15%を切っています。高い専門性が必要で、合格は難しくなります。

仕事に活かせる資格であり、就職や転職にも有利なカラーコーディネーター。受験者の業種は学生(高校生含む)も意外と多いのが特徴です。大学や専門学校などでファッションやデザインを専攻し、将来に備えて検定試験にトライしているのでしょう。

■合格率および受験者の業種

2015年度

 ●合格率
[受験者数] [合格者数] [合格率]
[3級] 8,714人 4,664人 60.2%
[2級] 4,307人 1,637人 44.5%
[1級]第1分野168人42人29.5%
[1級]第2分野220人55人31.3%
[1級]第3分野272人36人17.3%
[1級]合計660人135人25.3%

 ●受験者の業種
  高校・専門学校生15.2%、大学生24.5%、サービス業17.4%、製造業12.3%、
  小売業7.3%、建設業9.3%、卸売業1.8%、運輸・通信業0.8%、金融・保険業0.7%、
  無職・その他10.9%

2014年度

 ●合格率
[受験者数] [合格者数] [合格率]
[3級] 7,919人 5,446人 68.8%
[2級] 4,070人 1,605人 39.4%
[1級]第1分野162人52人32.1%
[1級]第2分野229人106人46.3%
[1級]第3分野216人29人13.4%
[1級]合計607人187人30.8%

 ●受験者の業種
  高校・専門学校生14.4%、大学生26.3%、サービス業17.8%、製造業11.4%、
  小売業6.6%、建設業8.4%、卸売業2.1%、運輸・通信業0.9%、金融・保険業0.9%、
  無職・その他11.1%

>>いまもっとも簡単に色彩検定の資格が取れる勉強法がこちら