カラーコーディネーターは独学で受かる!?

民間資格のカラーコーディネーターは、商工会議所が実施する検定試験に合格すれば認定を受けられます。3級に合格すれば、「アシスタント・カラーコーディネーター」の称号が、2級に合格すれば「2級カラーコーディネーター」の称号が与えられます。
1級は「カラーコーディネーター『○○色彩』」という称号になり、ファッション、商品、環境の3分野に分かれ、難関の検定試験に合格しなければなりません。

“カラーコーディネーターは独学で受かるか?”──あるいは3級なら可能性はゼロではないでしょう。ただし、せっかく挑戦するなら、実務に活かせる2級を目指したほうが得策。ファッションやデザインの勉強をしたことがあるなら別ですが、3級にしても2級にしても、初めてカラーコーディネーターの勉強をするなら独学はNGです。

それは、こと資格試験に関しては、傾向と対策が重要であり、独学だと不十分になってしまうからです。知識はある程度修得できても、確実に合格するためのアプローチができません。過去の出題傾向を分析し、効率よく学ぶことが合格の秘訣。同じ時間を掛けるなら、結果(合格)が得られるほうがいいに決まっています。

ご存知かもしれませんが、カラーコーディネーター検定試験には「公式テキスト」なるものがあります。が、それをいかに勉強し、どこに力点を置くかで結果が違ってしまいます結果を出すなら、独学よりももっと効果が上がる勉強法で頑張るべきです。

例えば商工会議所のホームページにアクセスし、カラーコーディネーター検定試験をチェックしたら、他の資格の検定試験情報に触れることができます。それら多くの検定資格合格のために定着している勉強法を調べてみましょう。

聞いたことがあると思いますが、「独学」以外に、「通信」(通信教育、通信講座)や「通学」という勉強法があります。それらを比較しながら、自分に最適な勉強を検討しましょう。       

>>いまもっとも簡単に色彩検定の資格が取れる勉強法がこちら