「独学」以外のカラーコーディネーター合格勉強法

カラーコーディネーター検定試験に合格するために、「独学」以外の勉強法も検討しましょう。「独学」だとゼッタイ無理だとは言いませんが、仕事に活かしたい資格を目指すわけですから、早く確実に合格できたほうがいいに決まっています。

では、「独学」以外にどんな勉強法があるのか? よく知られている(インターネットで検索すると出てきますが)「通信」「通学」がそれに当たります。最終的には、受験する人の環境や条件に合う方法がベストですが、判断材料がなければ決められません。自分でも情報収集を行って上で、自分にとってベストな勉強法を選んでください。

■みんなが知っている勉強法
合格なら、これがベスト!──学習塾の宣伝文句ではありませんが、カラーコーディネーターの勉強をチェックしていると、似たようなニュアンスのコピーを目にするはず。“これが”は「独学」ではなく、「通信」や「通学」です。

[通信とは?]
 ⇒ 通信教育でカラーコーディネーター講座を受講する方法。好きな時期から始められ、自宅など好きな場所、好きな時間に勉強できます。自分のペースで進めて実力を養い、自信が付きます。
[通学とは?]
⇒ カラーコーディネーター講座を開講している専門学校や予備校に通う方法。大手の系列校が都市部にあり、さまざまな講座を受講できます。
[独学とは?]
⇒ 文字通り、独りで勉強する方法。書店や図書館でテキストや問題集を揃え、カラーコーディネーター検定試験に備えます。

この3つの中から選ぶとすれば、どれを選びますか? やっぱり「通信」が最適です。説明が必要かもしれませんが、「独学」は省きましょう。次に「通信」と「通学」を比べると、受講料や勉強時間の調整のしやすさ、学習効果などを基準にすれば、自ずと答えが出ます。「通信」がいい理由は、インターネットなどで調べれば調べるほどよくわかります。

>>いまもっとも簡単に色彩検定の資格が取れる勉強法がこちら